初心者でも簡単チヌフカセ(ウキの浮力別)使い分け

ウキには様々な形状やカラー、大きなバリエーションがあり、それぞれに意味がある。しかし最も大きなウエイトを占めるのは浮力による使い分けだ。

 

堤防のチヌ釣りは、釣り場を流れる潮流が磯と比べると緩く、チヌの活性に応じて捕食するタナが変化するため、ガンダマを打ってタナを探ったり、遠投して広範囲を探る。

さらに風や潮流といった条件にも対応させるために、ウキの号数を使い分ける必要がある。

00号

00号は、仕掛けが馴染んでから、ゆっくり沈んでいくように浮力調整されている。竿先から仕掛けを直線的に置けるような潮が足元から流れるような潮が足下から流れるようなときに用いる。

チヌの生息する潮の緩やかな内湾では、こんな条件は少ないが、風が強く吹いて浮きが流され、早く浮きを沈めたい場合や、表層(5m)から中層(5~10m)までを沈めて狙う場合にも有効です。

仕掛けの重量や潮流の速度、塩分濃度の違いに厳密に対応するために00号と0号の中間浮力(0C、0α、0シブなど)のウキも使える。

0号

仕掛けが馴染んでも水面ギリギリを維持できるように設計されている。

そのため、水深が浅く根周りを狙う場合や、浅いタナを流して狙うときに用いる。風の穏やかな凪の日には、軽い仕掛けでも浮きから下が馴染みやすい。サラシにできる吸い込みは、渦巻き状態で移動することもある。したがって、海面付近では吸い込みが強くても、水深が増すごとに弱くなり、ガンダマを打つと仕掛け全体が重くなり、吸い込みの渦から外れてしまうことが多い。

活性の高いチヌは渦の中に入って捕食することもあるが、その多くは吸い込みの弱くなるところ、つまりマキエが溜まっている場所で捕食するのである。

G5

G5は、ガンダマG5を打って流しても浮きが水面をギリギリ状態で維持できるような浮力設定だ。そのため、沖に点在する沈み根周りを狙う場合や、風の弱い穏やかな日に、潮流を流して表層のタナを探るときに用いる。

0号のウキを使っていて、仕掛けの送りが悪いと感じたときなどは、ガンダマG5を道糸とハリスの直結部に打って、G5のウキにチェンジする。ウキが風に流されたり、潮が速く仕掛けが馴染まないときには、ガンダマG5をハリ上20~50cmに打ち直すとよい。

G2

ガンダマG2もしくはG5の2段打ちで水面ギリギリの調整だ。中層まで狙う場合に向いている。表層を狙う場合でも、風が強く吹いて仕掛けの馴染みが悪いときには、この号数が活躍する。

Bは、遠投してピンポイントを狙ってタナを探る場合や、中層までのタナを流しながら狙う場合にむいている。

G2と同様に、表層を狙う場合でも、風が強く吹いているときや、潮が速く流れているようなときは有効だ。

ガンダマは、基本的には道糸とハリスの直結部にBを打つ。潮流が速く流れる場合はG5程度をハリスの真ん中に打って仕掛けの角度を維持しよう。

2B~3B

2B~3Bは、遠投してピンポイントを狙ってタナを探る場合や、中層から深層(10m未満深)まで狙う場合に向いている。

表層を狙う場合でも、波が高かったり、風が強く吹いているとき、さらに潮が速く流れているようなときには有効。

5B~1号

波が高かったり潮流が速かったり、風の強い日に深層を狙うとき、ポイントが遠く遠投が必要なときに活躍する。同号数の水中ウキを併用した方が使い易い。

アジやサバなど泳ぎの速い餌取りが多い場合にも、ツケエを速く沈めるために有効だ。