忠岡木材コンビナート中水門ハネ釣り釣果情報(最高顧問)

最高顧問が忠岡木材コンビナート中水門でエビ撒き釣りの釣果情報を頂きました。

釣行日 11月11日

釣行場所 忠岡町木材コンビナート中水門にて

釣行時間 14時~夕方まで

釣り方 エビ撒き釣り

使用タックル

竿 がま磯 アテンダー2 1.25号 50

リール DAIWA トーナメント2500番

道糸 ファゾム1.75号

ハリス ファゾムレベルシリーズ1.5号

針 ナノグレ 4号

この日は午前中までお仕事の為、午後から出勤!!

実はハネダービーの優勝賞金と活魚お食事券を狙っている最高顧問。

釣れる釣れないより、自分のマイポイントに仕込みをする為に。

時間が許す限り釣行に向かう姿勢はいつも敬服いたします。

魚は餌場を覚えている!?

ここで言う仕込みとは、魚は日々、餌場を探して回遊しています。

また、一度でも、その場で食事をした経験をすると、またご飯が無いか探しにやって来るか、その場に居つき、またご飯が来ないか待つことをするのです。

凄いでしょ!!。

また、魚に餌を与え続けると人間にも慣れますていうか懐きます。

もはやペットにまでなります。大きい魚であればあるほど賢いです。

釣掘りのスタッフをしていた時、餌やりをしていたころ,三年物トラフグに懐かれた時に,気が付きました。

魚にも好物が存在します。好物には飛びつくクセに、食べなれていない餌や、嫌いな餌、は怒って指を噛んでくる。強者っぷり。

魚が懐くと、どうなるか!?、魚の方から寄って来ます。

体を触っても逃げたりしませんし、意思表示までしてきます。

面白いでしょ!!

だから魚は必ず餌場を覚えていると判断をしました。

ということは餌を入れ続ければ、魚は必ずやってくるというわけですね。

話が脱線しましたが。最高顧問の釣果は!?

最近好調忠岡木材コンビナートの釣果は!?

何処もいっしょのセイゴちゃん。今年は特に多いですね。4年後が大いに期待できそうですね。

こちらもいつものチビレちゃん。

こちらも小チヌちゃん。

やはり昼の時間は忠岡木材コンビナートと言えども雑魚が多いだけで、なかなか良型に出会えませんね。

そろそろいい時間になり

良型とは言えないが、まずまずのキビレさん。35cmくらいでしょうか?

こちらも大型のセイゴちゃん。まだハネに成れてないサイズですね。

残念ながら良型には出会うことはできなかった様子。

良型の魚が遠い!!

なかなか釣れないですね。

今回も不発でした。

忠岡木材コンビナート今後の見通しは!?

これから良くなっていくと思います。やはり、雑魚が居なくなってからが本番でしょう。

やはり水温の関係なので、季節の移り代わりと共に魚も変わってくると思います。

だから釣れなくても下を向くことなく、(仕込みをした)と思って次回に期待して釣りをすれば、また楽しみ方が変わってくると思います。

いつかは、釣れるを信じて地道に釣り場に通って下さい。(地味ですが)

それが、あなたと良型魚を繋ぐ道筋です。

 

最高顧問いつも釣果情報をありがとうございます。

次回の釣果に期待しています。

ABOUTこの記事をかいた人

元釣具〇ン〇ン波止、磯専門営業販売スタッフで釣堀田尻のスタッフもしていました。皆さんにより良い釣りを楽しんで頂くをモットーに始めました。 皆さんの釣りのサポートになれるようがんばります。