エビ撒き釣りにオススメ円錐ウキ‼釣研トーナメントゼクト使用感と評価

ブログの更新が遅くいなりすいません。

私自身が体調不良により、3週間ほど寝込んでおりました。

更に、今年は、なかなか釣果に恵まれずで、ウキのテストが進まず、更新が出来なくなったのもあります。

私自身もやはりウキを変えるとウキの出る変化が見ずらくなって、分からなくなることで、自分がイメージしているタナに刺し餌が落とせているのかどうかが、魚を釣るまで、分からなくなり、魚を見失うこともしばしば。

特に、この泉大津周辺では天候次第で非常に良かったり、1日違いで全然釣れなくなったりと魚の行動自体も不安定で結果を出すのに苦労していました。

そこで、1回の釣行結果では判断が難しかったので、3週連続で大阪湾ではなく和歌山県南紀方面でエビ撒きとフカセ釣りでテストし、評価をしました。

そのエビ撒き釣りのオススメとして紹介しようとしていたウキは釣研から出されているトーナメントゼクト。

まず。どこの釣具屋でも置いている。ネット通販でも売られていて入手が非常に容易であり、購入価格が2000円まで、非常に手頃な価格帯である。

そういった。人に勧めることができるウキの条件を満たしているということで、実際に購入して使用した感想等を書いています。

エビ撒き釣りにオススメ円錐ウキ‼釣研トーナメントゼクト使用感と評価(メーカー商品概要)

入水時のブレが少ない形状でツケエの違和感ない喰いこみを実現

ターゲットのわずかな引き込みにもボディが素直に追従。魚がツケエを離してしまう原因の一つである、左右への余分なブレやふらつきが少ない形状を追求しました。

自然な糸落ちを演出し、あらゆる釣り方に対応した上下異径のリングを搭載

上部リングと内部のパイプ径をφ2.5mmに設定する一方で、下部リングにはφ2mmを採用。全遊動で使った場合にはアタリを確実に伝えると同時に、なるほどウキ止めなどを併用した半遊動仕掛けにも対応した構造です。刻一刻と変わってゆくフィールドの状況に合わせ、即座に最適な釣り方をチョイスできます。

浮き上がりが少なく、スムーズな糸落ちを促進する頭部ディンプル

頭部に設けられたディンプルは沈め釣りの際に誘いを入れても浮き上がりにくく、ラインと糸穴との摩擦抵抗も低減されるためスムーズな糸落ちを実現します。

深ダナ対応の5B、1号がラインナップ(Lのみ)

急流、深場に対応した高浮力が揃い、攻略するエリアとレンジが広がりました。浮き上がりにくいトップ形状だから、チヌの前アタリでも違和感無く食い込みます。

エビ撒き釣りにオススメ円錐ウキ‼釣研トーナメントゼクト使用感と評価(実用例1大阪湾泉大津)

  • 釣行日 2月5日
  • 釣り人 TINUO
  • 釣行場所 泉大津
  • 釣り方 エビ撒き釣り
  • 使用ウキ トーナメントゼクトS 浮力0α

使用タックル

  • 竿 がまかつ グレ競技スペシャル4 0.7号53
  • リール DAIWA トーナメントISO2500番
  • ウキ トーナメントゼクトs 浮力b
  • 道糸 サンライン グレ道 1.5号
  • ハリス クレハ シーガー 1号
  • グレ針 ファイングレ 3号

潮の動かない。大阪湾で、渋いアタリが捉えることが出来るのかをテスト。

当日は夕マズメ狙いで15時に現着。仕掛けを作ったりタナを測ったりと15時30分から釣り開始。

今回は小粒を使用しているので、本気でキャストしても近距離しか狙えず竿2本くらいの所がやっとこさ。

船の先端付近にギリギリ届くくらいです。

16時半頃に怪しいウキの動きが有り、すかさずアワセを入れるが空振り。

一瞬だがウキのヘッドを抑えてたアタリが出たはず、今度は、もう少し明確にアタリを出す為に、ウキ止め糸を10cmだけ上げて、タナを浅くする。

ここで、注意点、ウキが入りきらない時は魚が居食いしているか、タナが深い時が多い。

どちらが正解かを調べるにもタナを少し浅くすると、魚が餌を食って沈む動作をしてくれれば、ウキにしっかりとした明確なアタリが出るが、タナを上げすぎると、刺し餌を見限られる危険性が含んでいる。

もし、当たってこなければ、居食いの線を濃くしてタナをもとに戻す。

今回はタナを少し浅くしたことで、明らかにウキが沈み、少しラインに張りを入れると一気に持っていこうとした瞬間にアワセて、魚を捉えると・・・・。

竿が曲がったままでなかなか起きてこない。

そして、魚は底を這うように水上警察の船下に逃げ込んでいくのを少しずつ離して、沖に魚を誘導。

(やっちまったな。これエイやぞ。多分。)

(さっさとハリスを切るか、針外れをしないとウキごと飛ばされかねないな。)

魚も観念したのか段々こちらに寄って来たので、浮かしてみると・・・・・・あれ!!?

ハリス1号での新記録を大幅に超えた魚を釣ってしまった・・・・・。

その後はうす暗くなり、トーナメントゼクトから電気ウキに変更。

帰る間際にもう1匹を追加して納竿にしました。

釣果 

  • 丸スズキ 81cm 1匹
  • タイリクスズキ 73cm 1匹

私がデカイ魚を仕留めたウキをすぐに購入できるようにリンクを張っておきます。

良かったどうぞ。

やはりデカイ魚ほど、寒の時期は軽い仕掛けが圧倒的に強いです。重たい仕掛けほど見切られやすいので、私が釣ったようなデカイ魚を仕留めたい方はSサイズの0αは強い味方になります。

ただし、しっかりとラインに張りを入れないとだんだんウキが沈んでいくので、アタリと間違えないように・・・・。

アタリの時は、水中の中、魚の吸い込みのアタリがあった後にスーと海中にウキが消し込みます。

エビ撒き釣りにオススメ円錐ウキ‼釣研トーナメントゼクト使用感と評価(実用例2和歌山県南紀地磯)

  • 釣行日 2月13日
  • 釣り人 TINUO
  • 釣行場所 和歌山県南紀
  • 釣り方 エビ撒き釣り
  • 使用ウキ トーナメントゼクト Lサイズ 1号 、Ⅿサイズ 3B、00号 計3個を使用

使用タックル

  • 竿 がまかつ マスターモデル尾長 MH 53
  • リール DAIWA トーナメントISO 3000番
  • 道糸 サンライン グレ道 3号
  • ハリス クレハ シーガー3号
  • グレ針 掛かりすぎ尾長 6号

今回は潮通しの良い南紀の地磯にて釣行。

昼からの釣行だったが、やはり水温が高いのかエビを撒けばアオリイカのコロッケサイズがユラユラ。

重たい仕掛けでちょい沖を釣りに掛かるとドン深の中層付近で15cm~20cm弱のチャリコがポツポツ釣れる程度。

底まで入れると刺し餌が無くなって、どうも底までは餌が通っていない様子。

手前の浅瀬を釣ると、フグとキタマクラにやられて、針が無くなる始末。

餌が通おり、良いアタリを出すとガシラと苦戦。

段々。風が強くなり、波が高くなる。瀬の低い所が波をかぶり段々サラシがキツクなる。

すると、浅いタナでは餌取りすら触らなくなり、刺し餌が通るようになる。

ウキの見やすさはあるが感度がイマイチでフグのアタリが分かりにくい。

アオリイカはゆっくりとウキを持って行くが掛けにいくと素バリになり、明らかに警戒されている。

おそらくウキの抵抗が気になるのだろう。チャリコのアタリは打って変わって、ウキに反応があったあとに一気に消し込むが、消し込んでいる最中にアワセないと刺し餌を離してくる。

ただ、夕マズメになってくると、アオリイカの動きが鈍くなり、満潮に釣れて、サラシがキツクなる。

そうなると浅瀬でも餌取りが消えて、ベイトが時折だが海面を泳いでいるのも見える。

仕掛けを変えて、00号のウキにして、ウキ止めを外しサラシの中にいるであろう良型狙いに変更。

アタリは、ウキで捉えたのではなく、送りこんでいたラインが突然にひったくられて、竿先にきたので、すかさずアワセる。

なんとかヒラスズキを1匹ゲットして終了!!

私がヒラスズキを釣った時のウキです。00号はウキ単体でもどんどん沈みます。

特にサラシやキツイ上滑りを交わして、軽い仕掛けを扱いたい時に使用する良いです。

ウキ止めを無しすることで、ウキの抵抗が魚にかからないのでアタリは明確にラインや竿先までくることが多いです。

エビ撒き釣りにオススメ円錐ウキ‼釣研トーナメントゼクト使用感と評価(総評)

ウキの評価 星の数
遠投性 ☆☆☆☆
感度 ☆☆
コストパフォーマンス ☆☆☆
入手のしやすさ ☆☆☆☆☆
ウキの強度  ☆☆☆☆

総合評価は星3.5くらいでしょうか。

私自身はどちらかというとピースマスターの方が使い方を分けて使用するようになっていてわかりやすかったが、このトーナメントゼクトは近・中距離を意識したオールランダー。

初心者には非常に勧めやすいウキではないだろうか?

サイズも多種にわたってあるのでどこでも関係なしに使えることが強みだが、突出した物はなくすべて平均的な性能。

釣り道具屋さんでも値段が若干バラツキがある。安いところでは税込み1500円を割るとこもあるので、オススメです。

初心者が使いやすいサイズはL,Mサイズで1号~3Bくらいまでが良いでしょう。

オススメサイズと号数のウキをアマゾンですぐに購入できるように下にリンクを張っておきました。

気になった方は購入してみて下さい。

Ⅿサイズ3Bが欲しい方↓のウキをクリック

Ⅿサイズ2Bが欲しい方は↓をクリック